JCM 日本複合材マーケット ホーム > ATP用、構造用CFUD プリプレグ・テープ
ATP用、構造用CFUD プリプレグ・テープ
熱硬化
  • 130℃硬化エポキシ/CFUDテープ
熱可塑
  • PAナイロン系/CFUDテープ
  • PCポリカーボネイト系/CFUDテープ
  • PMMAアクリル/CFUDテープ
  • 熱可塑エポキシ/CFUDテープ
  • その他
こちらの動画は、熱硬化性(エポキシ)でのATP(Automatic Tape Placement)です。

不等方性材料である、炭素繊維の機械的特性を生かしたものづくりには、UDの積層成形は欠かせません。従来のCFRPでは、熟練の技術者が、プリカットしたプリプレグ材料を積層設計図面にあわせて、丁寧に手で積層し、貼りこむことにより、高性能なCFRP成形品を作ってきました。

コンポジットを量産するにあたり、その熟練作業者を多数確保することは難しく、未熟な作業者を起用すれば、品質が不安定になり、人件費もかさみます。
同じものを、同じように積層成形する単純作業は、プログラム化したロボットのほうが、安定的に製造できるようになりました。日本国内では、熱可塑プリプレグを使ったATPあるいはATL(Automatic Tape Lay-Up) の研究、実用化が始まっています。
日本のものづくり環境を勘案した場合に、自動化は必須条件です。自動積層成形の技術は、今後も進化するものと思われますし、自動機市場も拡大していくことでしょう。

海外のATL機を導入するもよし。自前でATL機を開発するもよし。JCM日本複合材 マーケットは、御社に合ったオリジナル・プログラムのCFテープ材料をご提案致します。
日本複合材マーケット(JCM)
〒577-0011 大阪府東大阪市荒本北1丁目4番17号 クリエイションコア東大阪408号
TEL.06-6747-9147 FAX.06-6747-9148